SteelSeries QcK+ Limited ゲーミングマウスパッドの簡単なレビュー

SteelSeriesの新作マウスパッド、QcK+ Limited Gaming Mousepadを購入したので簡単なレビュー。

僕はマウスパッドは結構長いことSteelSeriesを愛用している。別にゲーマーではないのでゲーミングマウスパッドを使う必要は全くないけど、このマウスパッドは感触もよく追随性も良いので気に入っている。
多分、最初はBTOパソコンを組んだ時にオマケとしてもらったQcK miniに感心して、それが汚れたタイミングでQcK+に買い換えた。購入メールのログを見ると、2012年08月にQcK+を購入したようなので、約4年半ほど今のマウスパッドを使ってきたことになる。
QcK miniでサイズが250mm x 200mm(厚み2mm)、QcK+でサイズが450mm x 400mm(厚み2mm)。QcK+は机の上に広げるとかなり広大なマウスパッドである。僕は4K環境を使っているわけではないけど、WUXGA + FHD横置きのデュアルモニタ環境で使っているので、横幅は3840ある。この環境でもQcK+のサイズの半分もあればマウスパッドには足りているような気がする。まあ半分ぐらいはなんとなく物置きスペースになっているのだけど、マウスパッドの端を気にせず使えるというのはこれはこれで結構快適だ。


そんなQcK+なのだが、さすがに長期間使っていたので表面が何となく薄汚れてきた。多分、一、二回洗濯したこともあると思うけど、最近はマウスパッドの端がなんとなくほつれてきている(気がする)のもあって、そろそろ買い換えようかなあと思っていた。そんなところ、昨年末に改良型のQcK Limitedシリーズが発表された。

SteelSeries、マウスパッドの新ラインナップ「QcK Limited」と「QcK+ Limited」発表 – GAME Watch

で、さっそくQcK+ Limitedに買い換えようと思ったのだが、なかなか国内販売が始まらない。気が付くとamazon.com(US)では先に取り扱いが始まっていたので、じゃあ、と個人輸入で購入してしまった。
1月26日に注文をして、2月1日に発送され、2月7日に到着した。
代金は商品代¥2,966円($24.99)+送料¥807円で合計¥3,773円だった。国内で購入できるようになれば、3000円弱で多分購入できるだろう。

で、届いた箱がこれ。

分かりにくいかもしれないけど、かなりでっかい箱である。二枚目の開封したものの方が分かりやすいかもしれない。

明らかに国を超えてたっぷり空気を運んでいる。amazonと言うのは日本に限らず海外でも包装は無駄にでかいらしい。

パッケージはこんな感じ。QcK+はブリスターパッケージだった気がするが、QcK+ Limitedは箱詰めだった。箱の中へ詰める方が詰め込み方に若干余裕があるせいか、QcK+は購入した時に結構巻き癖があってとれるまで数日かかった気がするが、QcK+ Limitedはほぼ巻き癖がなかった。

新旧を重ね合わせるとこんな感じ。僕がQcK+ Limitedにしたかったのは、旧製品の方はほぼ黒一面だったので机の上で若干ブサイクだったのがQcK+ Limitedではあまり意味がないが模様ができて若干マシになったのと、旧製品では端が裁断したままだったのがQcK+ Limitedでは端が編み込まれていてほつれの心配がなくなっていそうなことだったので、これは満足。

かなり分かりにくいが、横から見て厚みや端の処理はこんな感じ。QcK+は厚み2mmだがQcK+ Limitedは厚み3mm。さらに端が編み込み処理されているので、触った感触ではQcK+ Limitedの方がだいぶ厚くなったように感じる。

使ってみた印象としては、マウスパッドの追従性は多分大差ないと思うが、サーフェスの感触がちょっと違う。QcK+ Limitedは模様が印刷されている分だと思うが、若干ツルッとした仕上がりになっている。僕はマウスをかぶせ持ちに近い形で使っていて、手首がマウスパッドに触れるのだが、若干吸水性?不足の慣れない感触。撥水加工の布に触っているような感触と思ってもらえばいい。
でも端のほつれ感が皆無になった快適さの方が若干上回っているので、これで満足かな。

【2018.2.16追記】
一年ほど使い、パッドの表面がだいぶ汚れて来たので一回洗うことにした。
洗濯機に入れるようなものとも思えないので手洗いだけど、洗面器だのバケツだので洗えるようなサイズでもないので、風呂に入るときに持ち込んで、自分が体を洗っている間湯船にざっとつけておいて(おおよそ10分間)表面の汚れがとれ易くなったところで取り出し、石鹸をつけて(洗濯用洗剤でもいいだろう)たわしでゴシゴシやってきれいにした。
その後、一昼夜室内で陰干し。洗った後にタオルで表面を軽く拭っておけば、室内に干していてもポタポタ水滴が垂れることは無かった。また冬の乾燥している時期だったので夜に干したら朝にはおおよそ乾いていたが、内部に水分が残っているかと思い念のため夕方まで放置して完全に乾かした。
洗った後は、かなりきれいになった。やはり使い込んでいるので表面がやや色あせ始めているのは残ってしまうが、表面のサラサラ感などはしっかり回復したし、本記事の中でも述べたが端の方がほつれる心配がないのでもう1、2度は洗って使用しても問題なさそうだ。
【2018.2.16追記ここまで】

Comment

  1. 匿名 より:

    自分も欲しくて個人輸入しようと、USとCAで試したんですがこの商品は日本に輸入できないといわれちゃいました。
    ほかに手に入れる方法ないですかね?

  2. mai より:

    US Amazonで購入できませんか? 僕は普通に購入できたのでそれ以上悩みませんでした。
    無線マウスや大型機器などは搬送不能でアメリカ国内で開設しているヴァーチャルオフィスを経由する必要があった時がありましたが、この商品はそういった制限はないと思うのですが。
    https://jp.steelseries.com/gaming-mousepads
    あとはSteelSeries公式で買えるのかまでは分かりません。

    • 匿名 より:

      今日注文してみたら出来ました 
      なんだったんでしょう(´・ω・`)

      • mai より:

        何はともあれ、注文出来てよかったですね。
        届くまで少しかかるかとは思いますが、楽しみにお待ちくださいね。

匿名 にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください