新PC設置計画(2)実際に購入したもの

前回の記事に引き続き、新しいPC購入の結果。

新PC設置計画(1)スペック等の構想 | ちゃたろうふぁんくらぶ

最終的に購入したPCは以下の通り。

<サイコムで発注したベースのBTO>
================================================
Silent-Master Pro Z390-Mini
================================================
CPU : Intel Core i7-9700 [3.0GHz/8Core/UHD630/TDP65W] CoffeeLake Refresh 搭載モデル(標準構成価格166,220円)
CPU-FAN : Noctua NH-U12S [空冷/CPUファン]★高性能CPUグリス NT-H1付属★(標準)
MOTHER : ASUS TUF Z390M-PRO GAMING [Intel Z390chipset](+1,080円)
MEMORY : なし(-5,300円)
HDD/SSD : なし(-11,560円)
SSD-Option: なし(標準)
HDD/SSD2 : なし(標準)
OptDrive : なし(-2,010円)
VGA : オンボードグラフィック ( Core i5-9400F/Core i7-9700F, 9700KF/Core i9-9900KFはオンボードグラフィックがありません。ご注意ください)(-34,020円)
ExCard : オンボードサウンド(標準)
LAN : Gigabit LAN [1000BASE T] オンボード
CASE : 【黒】Antec P5+前面ファン [Noctua NF-A14 FLX 1200rpm]+背面ファン [Noctua NF-S12A FLX 1200rpm](標準)
POWER : Corsair RM650x [650W/80PLUS Gold](+6,550円)
OS : なし(-18,770円)
Office : なし(標準)
SOFT : なし(標準)
保証 : 通常保証1年(標準)
訪問設置サービス: 希望しない(標準)

◎周辺機器(キーボード・マウス・ディスプレイ等)
KEY : なし(標準)
MOUSE : なし(標準)
Mousepad : なし(標準)
USBメモリ: なし(標準)
ルーター : なし(標準)
無線LAN子機: なし(標準)
SPEAKER : なし(標準)
MONITOR : なし(標準)
MONITOR2 : なし(標準)

商品単価 : 102,190

以下、簡単に解説。
メモリ・ストレージ・ビデオカードは単価が割高だし自分で簡単に装着できるのでオプションで無しを選択。
光学ドライブも同様にオプションで無しを選択。と言うか、最終的にも光学ドライブはつけない(必要な時だけUSB接続のドライブを装着する)。
OSは流用できるだろうと思ったしライセンス余ってるのがもう一つあるので不要。
等々で、標準構成よりはだいぶ安い値段でベースは組んだ。

あと、結局CPUはCore i7-9700を選んだ。この値段で8C8Tは魅力的だし、Core i5-9600無印はまだ発売になってこないし、相当割安じゃないと6C6Tで我慢する必要はないなあと感じたからだ。
また、電源はCorsair RM650xを選んだ。ここは選択肢としてはあまり良くないというか、選択肢の中では市販価格の中では割高なオプションを選んでしまった。

価格.com -電源ユニットの比較表(SST-ET550-B [ブラック]、NeoECO Classic NE650C、NeoECO Gold NE650G、Edison M 550W FD-PSU-ED1B-550W [黒]、SST-ST75F-GS V3 [ブラック]、RM650x CP-9020178-JP、RM750x CP-9020179-JP、SST-ST75F-PT [ブラック]、Edison M 750W FD-PSU-ED1B-750W [黒]、Edison M 650W FD-PSU-ED1B-650W [黒])

サイコムのこのBTO PCの場合、選択肢の電源リストはこんな感じで、いくつかポイントを絞って検討した結果、「壊れた時(なんてあるのか?)を想定すると、フルプラグイン電源が良かろう」と言う結論に至った。
その点では、フルプラグインで一番安いSilverStone SST-ST75F-GS V2を選ぶべきである(そしてこの電源は市販価格に比べてオプション代が割安である)。が、セミファンレスな方がいいなあと思ってCorsair RM650xにしてしまった。こっちにする場合、オプションの差額が+6,550円なのに対して市販価格が標準のFractal Design Edison M 550W2019/06/30現在で9,698円、Corsair RM650x1,1463円なので差額1,765円とオプションにするには5,000円近くも割高だったので大いに悩んだところではあった。まあ割高でもセミファンレスのが静かでいいかなあと選んでしまった。

結果的な話だが、今回の構成を価格コムで最安価格でパーツ購入した場合、2019/06/29時点で
価格コム最安:¥ 89,279
サイコム価格:¥102,190
※ただし、価格コムではCore i7-9700の価格が出て来ないので43,000円と仮定。
差額13,000円ほど、実際には価格コム最安ではショップが怪しくて買うのをためらったり、送料が発生したり、組む時にCPUグリスが必要なのを見積もっていなかったり、先述の通り電源だけで5,000円も割高なものを選んでいたり、等々考えると自分で頑張って組む気には全くならない価格差だ。もちろん、組むことが楽しい人の方が多いだろうと思うが、僕は組もうと思えば組めるけど別にそこは趣味じゃない人間なので。

<その他購入したパーツ>
メモリ:Corsair CMK32GX4M2A2666C16 [DDR4, PC4-21300, 16GB×2枚組] ¥23,780

SSD:インテル SSD 760p SSDPEKKW010T8X1 [1024GB, 3D TLC NAND, M.2 (Type2280)] ¥16,716

ビデオカード:Palit Microsystems NE5105T018G1-1070H (GeForce GTX1050Ti 4GB KalmX) [PCIExp 4GB] ¥18,980 (2017/04に購入し現在も使っているパーツの流用)

カードリーダー:iBUFFALO USB3.0 microSD/SDカード専用カードリーダー レッド BSCR27U3RD ¥761

ファンコントローラー:サイズ ファンコントローラー 風マスター2 ツマミ収納可 5インチベイ 4チャンネル KM05-BK ¥3,981 (2013/11に購入し現在も使っているパーツの流用)

以下、簡単に解説。
メモリはOC品を買ってもしょうがなかろうと、PC4-21300で価格コムで一番人気のでいいか、と選択。メモリは今絶賛値下がり中なので秋葉まで自分の足で買いに行けばさらに数千円安く買えるらしいがまあ地方で入手するならこんなもんだろう。秋になってがっつり値下がりしていたら、16GBx4の構成に変えたりしちゃいそう。
SSDは当初PLEXTOR M9Pe(G) PX-1TM9PeGを買うつもりだったが、結局無難なINTEL 760pになってしまった。PLEXTOR M9Peでは古いチップセットでは?相性問題でWindowsの起動ドライブに出来ないという話があり、動くことを確定できないので諦めてしまった。
ビデオカードは手持ち品の流用。って言うか、いまだにファンレスのディスクリートビデオカードがいいとか言ってる人はレアなんだろうと思う。
カードリーダはまあ適当にUSB3で安定していて安いものを。原稿のマシンには3.5インチベイに装着できる(上に個別電源があって便利な)ものを使っているが、今後は光学ドライブと同じく必要な時だけ装着するようになるだろう。
ファンコントローラーは実際には装着するかは不明だが、現行マシンにくっついているものを流用。新しいマシンは5インチベイの外側にさらにフロントカバーがあるので、めったに操作することはないだろう。

購入後の簡単な感想

という記事を書いて、サイコムに2019/6/28に注文、出来上がった商品を2019/07/10に受け取り、さっそくセットアップした。
セットアップと言っても、SSD・メモリ・ビデオカードを差し、Windows10もろもろのセットアップをしただけ。せっかくなのでWindows10のインストール手順は改めて記事にしようと思う。
セットアップしてみての感想。

・結局ファンコントローラは使わなかった。ASUSのQ-Fan Controlで通常動作時はケースファンは停止、CPUファンのみが400rpmぐらいで回っている。今回電源ファンもセミファンレスなので、実質ファンレスPCに限りなく近い仕様になり、すっごい静か。起動時/再起動時にケースファンが若干動作するので音がするぐらい。快適すぎる。
・ケースは頑丈で、いかにも静穏なイメージを感じさせる。側面パネルを外した時に、今まで使っていたケースに比べてずっしり重くて感動したが、よく考えたら今まで使っていたAbeeのケースはアルミで、このケースはスチールだからこっちのが重くて静穏そうに見えても実際はそんなには変わらないだろうとは思うけど(いや、どっちも静音ケースなんだが)。
・やっぱりというか、設置スペースぎりぎりでインシュレーター装着状態では入らなかった。インシュレーターと3.5インチ/2.5インチ兼用ベイはネジで簡単に取り外し可能なのですっぱり取り外してしまった。さすがにその状態だと底を擦ってしまうので、底には粘着式のフェルトを貼った。設置場所がスチールラックなので、ラックとさえ擦らなければ電源ファンやフロントファンの吸気口は別に塞がれてはいない。
・フロントファンの吸気口のところに埃取りのガード金網があるのだが、すぐ外れる。インシュレーターを外したのもあるのだが、PCケースの底をちょっと擦らせると金網の端の処理が甘いのもあってすぐ引っかかって金網が曲がってしまう。うざくなって金網は周囲をパーマセルテープで固定してしまった。

ケース内部の図。ビデオカードの下に装着されているのはPCIeスロットに装着できる12cmファン。これも必要に応じてゆるゆる回る。現状マザーボードのAIO PUMP(水冷ポンプ)用のファンユニット電源から電源を取っている。
裏面配線だから配線はすっごいきれい…というほどでもないかな。もともとケースの中がスッカスカなのもあって、干渉するようなことはほぼないけど。

ケース内部、配線周りをもう少し大きく。2.5インチSSDは裏面ではなく3.5インチベイの下にある装着スペースを活用。

下面。インシュレーターを外し、TVなどの防振用のゴムを貼り、その上に粘着式のフェルトシートを貼っている。ネジで固定しているわけではないのであまりズリズリ動かすと代用インシュレーターも動いてしまうが、まあ当座はこれでいい。

代用インシュレーターや下面吸気口のあたりを大きく。この吸気口カバーはすぐ外れる。

裏面。配線はシンプル。左側に2.5インチSSDを2基装着できるが、まあ今後も不要だろう。

volumioをAmazon Alexaで音声コントロールする

今回の記事は、以下の環境で構築した際の備忘。
ハードウェア(ラズパイ):Raspberry Pi 2 Model B
ハードウェア(Amazon Alexa):Amazon Echo Dot(第一世代)
ソフトウェア(ラズパイ):volumio 2:volumio-2.587-2019-06-11-pi.img.zip
環境がアップデートされるとインストールが上手くいかなかったり、挙動が安定しなかったりするので注意(現時点でも安定しているかは微妙なのだが)。

今、自室で音楽をスピーカー環境で聴くのに、NASに入っている音楽をvolumio on Raspberry Piで再生し、Toppingの安物デジタルアンプからDALI ZENSOR PICOで流している。
どちらかと言うとBGM的に聞いているので夜寝ている間など小音量で流しっぱなしにしていたりする。
で、そのまま放置して翌朝寝ぼけながら支度をして出かける…と言う感じなのだが、音楽を切って出かけるのがめんどくさい。一番確実なのはアンプの電源を切ってしまうことなのだが、どっちかって言うとアンプの電源は入れっぱなしで放置している感じなので、それは避けたい。のでvolumioに停止コマンドを送ることになるのだが、PCをいったん起動してWeb UIから止めるのもめんどくさいし、Androidvolumioアプリを起動して停止コマンド送るのもめんどくさい(書いていて思うが、なんてものぐさなんだと思う)。
と言うことで、調べてみたところ、node-redと言う機能を活用してAmazon Alexavolumioをコントロールできるらしいと言うことを知った。ので試していたのだが、エラーが多くてなかなかうまく動いてくれない。最初は今年の4月頃に試行錯誤していた時に環境構築に成功したり、でも何かのはずみでvolumioを再起動すると環境が壊れてしまったり(サービス起動を忘れているわけでなく、node-redないしmpdのサービスが起動しなくなってしまう)…的なことを繰り返し、いったん環境構築を諦めた。
で、最近になってまた思い出し、試行錯誤したところなんとか動く体裁が整ったので、手順を備忘でメモ。

参考にしたサイト:
独身貴族のスマートホーム -Alexaからローカルの音楽を再生する- – Qiita
Alexaスマートホームスキル『Node-RED』を使ってみた | CHASUKE.com
Node-RED Alexa Home Skill Bridgeを設定する[On Onion Omega2+] – Qiita

手順は以下の通り。なお、緑の字は補足(失敗説明なども含む)なので読み飛ばしてもらっても構わない。

Node-RED Alexa Home Skill Bridge に登録作業をする

まずはRaspberry PiからもAmazon Alexaからも離れ、node-redを使うための前作業をする。
https://alexa-node-red.bm.hardill.me.uk/
に行き、アカウントを作成する。
Node-RED Alexa Home Skill Bridge
のデバイスのページで、デバイスを適当に登録する。

こんな感じで適当にNameDescriptionを登録し、ActionsON/OFF+%/-%をチェックする。もしかしたらApplication TypeLIGHTをチェックしておいた方がいいかもしれない。

なお、ここで指示したデバイス名でvolumioをコントロールすることになる。つまり、上記の例だと『アレクサ、カセットつけて』『アレクサ、カセット消して』など。この名前が若干やっかいで、音楽を管理するそれっぽい名前で、なおかつAlexaが認識しやすい簡単な名前がない。
・参考サイトだと「メディアサーバー」と名付けている:長くて言いにくい
・ヴォリューミオ(ボリューミオ):言いにくい
・ラズベリーパイ:長い
・ラズパイ:まあまあ妥当な選択肢か。3、4文字ぐらいが言いやすい。
・シーディー:言いにくかった
・オンガク:volumioではなく、Amazon AlexaのAmazon music?が勝手に再生になる。なお、うちの環境では何故か毎回真心ブラザーズのどか~んがかかる。
・いっそのこと好きなアニメキャラにする:「澤村・スペンサー・英梨々」にして、「エリリつけて」と声を掛けたら、「エーブイと言うデバイスは登録されていません」と答えやがった。アレクサは誤認識が多い。
とまあ、結構散々な目に合った(自業自得含む)。なお、最終的には『アレクサ、音楽つけて』『アレクサ、音楽消して』と言う定型アクションを登録する強引な技もある。また、デバイス名は後々で好きに変えたり追加したりも楽なのでいろいろ試すとよい。

Alexaスキル「Node-RED」を有効化

Amazon Alexaアプリを起動してセッティングしていくのもいいが、面倒なのでブラウザから制御できる部分はブラウザから。
https://alexa.amazon.co.jp/
スキルでNode-REDを検索し、有効化する。
上記のNode-RED Alexa Home Skill Bridgeに登録したアカウントでログインすると、スマートホームのデバイスでさっき登録したデバイスが検出できる。

なお、Node-RED Alexa Home Skill Bridgeでテスト的にいっぱいデバイス名登録したり更新したりすると、古いデバイスが削除されずいっぱい残ってしまうので、Amazon Alexa上で適宜削除する。

Raspberry Piにvolumioをインストール

Download |Get Started | Volumio
からvolumioのインストールイメージをダウンロードする。
イメージをWindowsPCmicroSDXCに焼く。僕の場合は
Win32 Disk Imager download | SourceForge.net
を使って焼いている。焼いたmicroSDXCRaspberry Piに装着し、電源を入れればvolumioの最初の起動画面が立ち上がる。
初期設定を一通り済ませて、以下の追加設定まで済ませておく。
・DHCPを切って固定IPに変更する。volumioのmpdとnode-redがかち合うせいか、エラーが出て接続できない場合があるので。固定IPに変更したらすぐに一回再起動する。結構時間がかかる場合もある。
http://volumio.local/dev/ でSSHアクセスをenableにする。sshでアクセスする。
> sudo dpkg-reconfigure tzdata でタイムゾーンをAsia/Tokyoにしておく。
ここまでやってnode-redをインストールする前準備が完了する。

volumioにnode-redをインストール

ここが一番の問題。
Node-RED日本ユーザ会 : インストール
Node-RED日本ユーザ会 : Raspberry Piで実行する
などを参考に、

bash <(curl -sL https://raw.githubusercontent.com/node-red/raspbian-deb-package/master/resources/update-nodejs-and-nodered)

をやると失敗する。インストール時にエラーメッセージが出る。そのまま強引に進めると再起動したときにmpdないしnode-red(またはその両方)が起動せず、無反応になる。

失敗する原因を調べていくとどうやら2つあって、1つの原因はbcryptのインストールに失敗すること。と言うのも、bcryptがvolumioで使えるバイナリの配布をやめてしまったからっぽい。上記スクリプトが作られた当時はバイナリがあったっぽい…。でいろいろやってみたが、volumio用のmakeが見つからなくて、僕の場合はソースからのコンパイルのやり方が分からなかった(単に素人ともいう)。
ログを見ると
node-pre-gyp WARN Tried to download(404): https://github.com/kelektiv/node.bcrypt.js/releases/download/v3.0.5/bcrypt_lib-v3.0.5-node-v64-linux-arm-glibc.tar.gz
みたいなメッセージが出る。
もう1つの原因は、volumioで使うnode.jsとnode-redで使うnode.jsのバージョンが違うからっぽい。例えばvolumio 2.587では
> node -v
でバージョンを確認するとNode.js v8.11.1なのだが、上記コマンドでnode-redをインストールするとNode.js LTS 8.xあたりになってしまい、再起動後にnode-redはサービス起動するがmpdがサービス起動しなくなったりするのだ。この辺の挙動はvolumioのバージョンが変わるとまた違ってくるだろうが、いずれにせよ上記コマンドはraspbianなら動くのかもしれないけど現状volumioでは動かなさそうな感じだ。

と言うことで、スクリプトを使わずにインストールする。

> sudo npm install -g npm
> sudo npm install -g –unsafe-perm node-red

のコマンドを実行でnode-redをインストールする。これでも結局bcrypt(404)だよ!的に怒られるが強引に進める。

次にもし可能なら

> sudo systemctl enable nodered.service
> sudo npm install -g node-red-contrib-alexa-home-skill

をしておく。1つ目のコマンドはnode-redのサービスをvolumio起動時に自動実行、2つめのコマンドはnode-red起動後にどっちみち必要なスキルをあらかじめコマンドでインストール。
が現状僕の環境ではどっちもうまくいかなかった(bcryptがインストールエラーを吐いているせいなのか?)ので、1つめは以下の強引な手法で、2つめはnode-red起動後に作業する。

まず、
> sudo nano /opt/node-red.sh

#!/bin/sh
sudo node-red

で起動するスクリプトを作成。
sudo chmod a+x /opt/node-red.sh
で権限も与えておく。
次に、
sudo nano /etc/systemd/system/node-red.service

[Unit]
Description = simple service
After=network.target

[Service]
Type=simple
ExecStart= /opt/node-red.sh

[Install]
WantedBy = multi-user.target

でサービスを作って
sudo systemctl enable node-red.service
で強引にサービスを登録する。まあよく分かってる人から見るとすごくダサい解決法なのだろうけど…
これでrebootすると
http://volumio.local/
http://volumio.local:1880/
volumiompdvolumionode-redにアクセスできるようになる。

node-redでスキルをデプロイ

まずは右上のバーガーメニューから
→パレットの管理→ノードを追加
node-red-contrib-alexa-home-skillを検索して追加する。
これで左端に並んでいるノードにalexaが追加される。

次に、こんな感じでノードを並べる。

左上の灰色ノード:alexa:alexa home
左二番目の黄土色ノード:機能:switch
左三番目のサーモン色ノード(4つ):全部 その他:exec
一番右のウグイス色ノード:出力:debug

それぞれのノードの内容はこんな感じ。

アカウントでNode-RED Alexa Home Skill Bridgeのアカウントにログインする。すると下のデバイスに登録したデバイスが表示される(失敗することがあるので、ログインしなおしたり更新したりするとよい)。


スイッチは上からis true→1に、等々の順番を間違えないように。switchから出ていく線が上から順番に1、2、3、4なので間違えないように。
is true →1
is false →2
== 25 →3
== -25 →4


execのコマンドはそれぞれ以下の通り。

1:再生:bash -c “mpc play”
2:停止:bash -c “mpc pause”
3:音量+:bash -c “mpc volume +5”
4:音量-:bash -c “mpc volume -5”

本当はmpc stopで停止するはずなのだが、うちの今の環境では何故かmpc next相当の動作をする…。
この辺のコマンドが正しいかどうかは、volumiosshで接続して直接コマンドを打って確認した方が手っ取り早いです。
mpc(1) – Linux man page
一応コマンドはここに出ているけど、うちの場合、挙動としては
・volumio再起動時:mpcコマンドを打つとstatus:stopとなっている。この状態ではmpc playを入れても再生開始しない。
・Web UIで再生ボタンを押すと、当然だがstatus:playとなる(mpc 無印コマンドで確認)。この状態でmpc stopを入れると何故か次の曲を再生する。
status:playまたはstatus:pausempc playを打つと再生、同様にstatus:playまたはstatus:pausempc pauseを打つと一時停止になるのでこの動きなら問題ないものとする。

これで一通りnode-redの設定は終わり。デプロイする

alexaとvolumioの連携を確認する

すべて設定が終わったら、アレクサに命令して動作確認する。
『アレクサ、カセットつけて』
『アレクサ、カセットけして』
『アレクサ、カセットあかるくして』
『アレクサ、カセットくらくして』
など。メッセージがヘンテコなのは、Alexa上では電灯のデバイスとして認識されている都合上、仕方ない。

もう少しまともにする方法としては、Alexaアプリを開きマイ定型アクションを設定していくしかない(ブラウザ上のhttps://alexa.amazon.co.jp/からは設定できない)
アプリ上で「マイ定型アクションの追加」で
実効条件を追加:「アレクサ、音楽つけて」
アクションを追加:スマートホーム→デバイスをコントロール→カセット→電源:オン
などと設定してあげる。

自宅PCをWindows10 1803→1903に上げた

自宅のデスクトップPCを大型アップデートでWindows10 1803から1903(19H1)に上げたので備忘メモ。
もともと、近いうちにデスクトップPC自体をリプレースする計画も立てているのだけど、それと並行して大型アップデートもやってみた。もう今のPCの環境の廃棄が近いので、普段はあまりやりたくないような少し環境の汚れる作業のテスト環境も兼ね始めた感じ。

大型アップデートって昔ならサービスパックって言うのだろうなあと思うけど、もう少し更新頻度なんとかならないのかなと思う。半年に一回なんてやる気がしない、できれば1年半(18ヶ月)に一回ぐらいのペースが一番手頃だと思う。
僕は去年の9月頃に1803をインストールしたので使用期間9ヶ月ぐらい。もう半年ぐらいはせめて使いたかった感じだ。
とはいえ、1803のサポート期限は19H2にはギリギリ間に合わなさそうなので、仕方ないところではある。
また、今回のアップデート、本当はGWの10連休でチマチマとやりたかったところだが、1809で失敗した関係もあって1903のリリースがだいぶあと伸ばしになってしまい、GWには間に合わなかった。

閑話休題。

アップデートにあたっては、既存環境のバックアップを取る。僕の場合は、EaseUS Todo BackUp(https://jp.easeus.com/backup-software/free.html)でCドライブのイメージをNASにバックアップしたあと、RealSyncというソフトでCドライブのファイルを一つ一つバックアップしている。
EaseUS ToDo BackUpはどちらかと言うと最終手段のバックアップ的なイメージで、僕の場合はWindowsにEaseUS ToDoをインストールするのではなく、バックアップ・リカバリ用DVDメディアを作っておいてバックアップするという手順でバックアップを残してある。なお、リカバリ用メディアはPCの構成が変わったら(特にCPU/MB/VGAを変えたら)作成しなおしたほうが良さそうなので、DVD-RWメディアの方が便利な感じだ。
EaseUS Todo BackUpでバックアップをとるとファイル単位ではなく独自のファイルイメージになってしまうので後で問題があったときにバックアップからファイルを取り出すのは若干めんどくさい。そこでRealSyncで個々のファイルをNASにバックアップも取るのだが、こちらはとても時間がかかる。EaseUS Todo BackUpは約120GBのCドライブのイメージをバックアップするのに作業時間小一時間で済むが、RealSyncは24時間でも終わらなかった。C:¥Windowsディレクトリとか実際にはバックアップしてもしょうがないので、バックアップすべきフォルダをもう少し絞って作業を簡略化したい感じだ。

上記バックアップでほとんどのデータは保存できるので、改めて個別にバックアップする必要はないが、
C:¥Users¥username 以下
IMEのユーザー辞書
辺りは改めてバックアップしておいた方が無難だろう。以前はブラウザのお気に入りだのメールデータだののバックアップも必須だったが、今はその辺はクラウド側にあるのが普通だろう。

その後、大型アップデートを適用する。WIndows Updateから適用するのでもいいが、Windows Media Creation Toolからダウンロードして適用することにした。Windows Media Creation Toolからの場合はUSBメディアを作る場合とPCに直接適用する場合があるが今回は直接適用で行った。
この作業が意外に時間がかかり、イメージのダウンロードに30分、イメージの適用?に30分、そのごWindowsの更新に15分ぐらいかかった気がする。新規インストールのほうがよほど時間がかからない。

適用自体は特に問題なく終了した。
適用後エラーが出たものとしては
Explorer Constructionはライセンスが初期化されて改めてライセンス認証を求められた。作者のHPで登録作業をするだけなのでそれほど大変ではない。
UltraMon3.4.0がChromeでエラーを吐いて止まってしまった。配布サイトを見たら3.4.1が配布になっていたので適用したらエラーはなくなった。
・設定アプリの内容は殆どリセットされたものはなかった。せっかくなので一通り確認したあと、今回はダークモードを適用してみた。今の所いまひとつしっくりこないが、慣れるかどうか半月ほどは試す予定。
・高速スタートアップの設定が大型アップデートで初期化されるという話があったが、特にリセットされず高速スタートアップ使わない設定が維持された。すでにhybernate.sysを切っているので、改めて高速スタートアップ適用まで行かないのかもしれない。
・タスクバーなどのフォント設定は初期化された。ソフトでMeiryo適用し直すだけなのですぐにもとに戻せる。
・その他、ボタンっぽいものの影の付き方とか、エクスプローラーのアイコンとか、右クリックメニューの表示がごくごく若干だが見た目は変わった。

新PC設置計画(1)スペック等の構想

家で、未だにSandyおじさんなPCを使っているのでそろそろ新しいPCに買い換えようと考え始めて1年ぐらい。当面の対案でWindows10だけ現行PCに導入していたのだけど、そろそろPC購入の予算にも目処が立ちそうなので、具体的な計画を立て始めた。その計画を備忘的に。

うちのPC設置に関してはコンセプトは以下の通り。
・デスクトップPC。収納スペースの関係から、高さ39cm横幅25cm奥行き50cmの制限付き。特に高さ制限が影響厳しく、ATX対応PCケースを設置するのはかなり困難。昨今は詰め込んでATXのM/Bが入る高さ40cm未満のケースも有るようだが、メンテナンス性が著しく悪化しそうなので検討していない。
・メモリは32GBで検討。今のPCでの経験からすると16GBで足りる気もするが、なんとなくスペックダウンするのは悲しいので。以前はこの制約から、8GBx4スロットがほぼ確定で、mini-ITXは検討範囲外になり、上記収納スペースの命題からATXも検討範囲外になり、となってmicro-ATXしか検討先がなかったのだが、今は16GBx2が検討できるのでmini-ITXも視野に入ってはいる(が結局mini-ITXでは魅力的なマザーボードがなかった)。
静音重視。今のPCはフロントファン・リアファン・CPUファン・PCI-eファン(ビデオカード自体はファンレスで別途12cmファンでゆるゆる風を当てている)がついていて、どれも夏場でも1000rpm未満で回している感じなので、同じような構成で静音しようと思う。のでファンは高級静音ファンを最初から検討していて、ほぼNoctuaしか考えてない。
長寿命重視。結局の所、今のPCも8年ぐらい使い続けた(中身は若干更新したけど)ので、同じ程度は使い続ける方針。今やPCに新たな性能を求める機会も減ってきたし、今回は内部パーツの交換すらもほとんど必要なく8年使うかもしれない。のでパーツ類はなるべく高耐久性のものを。
・静音重視、長寿命重視なのでOCする気はサラサラなし
・ここのところBTOで済ませていたけど、フルに自作しようかなあという気持ち(だった)。詳しくは後述、次回以降の記事になるけど検討スペックにほぼピッタリのBTOがあったことから、そっちの検討優先になってしまう。

ということで検討したところ、今の所概ね以下の通りのスペックを検討中になった。
CPU:検討中(後述)
メモリ:16GBx2…とか言いつつ16GBx4になってたりして。あんまり高周波数のものを求めたりはしない。
M/B:ASUS TUF Z390M-PRO GAMING
ビデオカード:Palit Microsystems NE5105T018G1-1070H(手持ちの既存品)
システムSSD:PLEXTOR M9Pe(G) PX-1TM9PeG
データSSD:SANDISK SSD PLUS SDSSDA-960G
電源:SilverStone NJ520 (SST-NJ520)…と思っていたが多分変更になりそう(後述)
PCケース:Antec P5
CPUファン:Noctua NH-U12S
ケースファン:Noctua NF-A12x25 PWM 複数個
CPUグリス:適当に

ところで、現時点ではAMDで最新CPUとPCI-e Gen4対応品が出てきて話題になっているので、最新で高速なものを選びたいならそちらの方がいい。僕はそこまで高速命じゃないので長く使うことも考えてINTELでいくけど。

・CPUについて:

概ねの選択基準は
・INTEL、第9世代Core-i5またはCore-i7。できればR0ステッピングの方がいい?
・ハイパースレッディングはあまり好きじゃないので、6C6T8C8Tのもの。周波数はあまり追求しない。
TDP65Wで十分な性能が出せそうなのでTDP95Wは優先度低めに検討している。
という感じで、候補は
Core i5-9400系(今の所9400Fしか売っていない)
Core i5-9500系(発表になったばかりで今の所売ってない)
Core i5-9600系(無印がいいのだけど発表になったばかりで売ってない、i5-9600Kは優先度低い)
Core i7-9700系(無印がいいのだけど発表になったばかりで売ってない、i7-9700Kは優先度低い)
9600K、9700KはTDP95Wになるので、別に常用時に問題はないだろうけどそこまでいらないかなあという感じ。だがこれ以外だと9400Fしか選択肢がない(現行だと型番だけ存在してるけどまだ発売に至っていないもの多数)のがなあ。
できればi5-9600無印、i7-9700無印が入手できればと思うのだけど…
あとはどれを選ぶかは予算総枠との相談かな。

・マザーボードについて:

冒険する気がないので無難にASUSで。micro-ATXmini-ITXの製品をいくつか検討した。と言ってもオーバークロックをするわけでもなく、オンボードに無線LANが必要なわけでもなく、という感じだとどれを選んでも変わらないよなって状態。
結局、高耐久を謳うTUFシリーズが一番魅力を感じた。とは言ってもTUFシリーズってOCなども含めてタフに使う環境で高耐久っていうコンセプトっぽい感じで、僕の用途のようなあまり負荷をかけないけどほとんど24時間365日使いっぱなし、的な場合での高耐久ではないのだろうけど。
mini-ITXにタフなモデルがあればそれでもいいかと思ったけど、特に見当たらなかった。micro-ATXだと、無駄にメモリスロットが空いているととりあえず差してしまおうと言う誘惑に駆られるのが困るのだが。
と言うことで、ASUS TUF Z390M-PRO GAMINGに確定。

・ビデオカードについて:

手持ちのPalit Microsystems NE5105T018G1-1070Hで。GeForce GTX 1050Tiでは貴重なファンレスタイプ。別にゲームをするわけでもないので、もうiGPUでいいかな、等とも考えはしたが、それでもスペック的にはiGPUより数倍の数字を出すみたいだし、手元に余らせておいても仕方ないので、使う予定。
これが手元にあるので、CPUはF型番(iGPUが無効になっている)を購入しても問題ない。

・SSDについて:

特にめぼしいあてはないのだけど、システムSSDはNVMe(M.2接続)、1TBぐらいの容量で、と考えているので
PLEXTOR M9Pe(G) PX-1TM9PeG辺りが無難かなあと。できればTLC NAND(QLCは避ける)、冷却性能が安定している製品が良いと思う。
SSDやメモリは今下落幅が大きいので買うタイミングや製品、悩みどころではある。
今まで使っている2.5インチSATA SSDが余ってしまうのでSANDISK SSD PLUS SDSSDA-960Gはデータ置き場ということで。実際には残りの大量のデータはNAS送りになっているが、そのうち10TB SATA SSDとかが現実的な価格で購入できるようになったら、再びNAS廃止でPCに全データ入れっぱなしになるのだろう。

・PC電源について:

耐久性重視なので、ここはケチる気はサラサラなし。ファンレス、高耐久、フルプラグイン、SeaSonic OEMということでSilverStone NJ520 (SST-NJ520)が有力候補。めっちゃ高いけど。
…と思っていたけど、後述するように完全自作ではなくBTOで済ませられる、と言うプランが有ることがわかったのでここは思いがけない悩みどころになってしまった。BTOで僕の検討プランほぼ完遂できるのだが、唯一電源だけ選択肢を再検討しないといけなかったからだ。

・PCケースについて:

マザーボードをmicro-ATXにした時点でそれほど選択肢はなし。高耐久高寿命を考えると、空気の流れの悪くなる変則レイアウトなコンパクトすぎるケースはあまり検討する気になれない。
が、高さ40cmの制約がかかっているのでmicro-ATXケースの中から選び放題、というほどでもない気がする。
その他のポイントとしては、
光らせる気はない(むしろ寝室兼用の自室に置くので目立たないほうがいい)。したがってクリアパネルのものはなるべく選びたくない(もしそれしか選択肢がなかったら制振ゴムなどで覆ってしまう予定)。
・この辺の製品はリアファンが9cmのものが意外に多かった。前後ともに12cmファンがのるケースが良い。上面/下面/側面パネルにはファンはいらないかなあ。
などと言った観点で検討した結果、超無難だがAntec P5でいいかということになった。フロントパネル二段開きとか、その中に5.25インチトレイがあるとかは全く不要な要素なのだけど。3.5インチ2.5インチ兼用ベイが内部にあり、中途半端な位置なので若干邪魔そうに思えたが、取り外せるようなので基本的に取り外して使うことになるだろう。ストレージはM.2の他は2.5インチが一つ入れば十分なので、マザーボード背面スペースや5.25インチベイの下にある隠し2.5インチベイで十二分。高さや奥行きが今ひとつ大きすぎる気がするが、脚というかインシュレータというかを無理やり外してしまえば設置できる(外さなくてもギリギリ設置できそう)のでこれで行こうかなあと。

・CPUファン、ケースファンについて:
静音、高耐久ということをふまえて遠慮なくNoctuaの高級品で。今のケースにもNoctuaの前の世代のがついているけど、印象はすこぶる良い。Antec P5の場合、ケースフロントファンが12cmx2がいいのか14cmx1がいいのかはよくわからない。

という感じでほぼほぼ内定したのだけど、「さて、この組み合わせで相性問題とかないか、念の為似たような構成で組んでる例がネットに載っていないかな?」と検索したところ、SycomのBTOがほぼほぼこの構成で販売していることがわかり、びっくり。なんとNoctuaファンまで搭載で、自分の構想と違うところがPC電源しかない、と言う状態だった。
しかも値段的には自分でパーツを細々買うよりもBTOで買ったほうがトータルの金額が安くなるのだ(BTOだとメモリやシステムドライブ、ビデオカードの設置でやや割高の値段をとって利益を確保していると思われるが、僕の場合そのへんまるっと不要な構成で頼んでしまえる分とても安くつく)。
自分でCPUグリス塗り塗りして楽しみたいなあと思う反面、そのへんの面倒なのをせずに、しかも安くつくし、余計なパーツの箱(なんだかんだで保管しておいてもこの辺のパーツのものは再売却の機会が少ないので、意味がない気がする)も向こうで処分だろうし、すごく魅力的に思えてきた。

という感じで、BTOにするなら、という事で電源パーツをどれにするか、と言う観点を中心に次回の記事に書きたい。

フジフイルム X-T3 WORLD、フジノン XF LENS BOOK簡単なレビュー

最近、フジフイルム X-T3 WORLDフジノン XF LENS BOOKと言うムックを立て続けに二冊買ったので簡単にレビュー。

まずはフジフイルム X-T3 WORLDから。X-T3は昨年の秋発売なのだけど、なかなかムックが発売されないなあと思っていたら、たまたまamazonで検索したときに予約販売始まっていたので去年のクリスマスぐらいには予約していたと思う。でほぼ発売日受け取り。でもなかなか読む時間がなくて2月になってやっと目を通せた。
X-nn WORLD系のムックは、フジフイルム X-T1 WORLDフジフイルム X-T2 WORLDフジフイルム X-Pro2 WORLDと妙にいっぱい持っているのだが、過去のムックは自分としてはなかなか良い出来で満足できていた。X-T1 WORLDは機種の魅力を前面に押し出すような誌面とマウントアダプタ特集がなかなか実用的だったし、X-T2 WORLDX-T1/X-T2の比較が丁寧に書かれているのとMy X-T2 Settingが良かった。
それらに比べるとX-T3 WORLDは若干力不足な印象だった。レンズラインナップが増えて、それらの紹介に誌面がだいぶ割かれているが、それはレンズ紹介ムックを用意すればいい話で、X RAW STUDIOFUJIFILM CAMERA RIMOTEにもっと誌面を割いてもよかったのではないだろうか。また、X-T3の改良が実に地味と言うか、PENTAX辺りだったらこの小改良ならボディにわざわざ新規金型を起こさずX-T2Sとかの名前でお茶を濁してたんじゃないかみたいなものだから仕方ないのかとは思うが、X-T2とX-T3の比較記事もちょっと地味だった。実際には使ってみれば納得の成熟感があると思うのだが、そう言うのを誌面で伝えるのはちょっと難しいのだろうか。個人的には開発者インタビューがないのも物足りないかなあと思った。
写真家によるレビューとかは面白いので、この手のレビュームックを持っていなくて、X-T3に興味のある人は買ってみてもよいだろう。過去のムックを持っている人は買っても買わなくてもどちらでもいいかな。

次に、フジノン XF LENS BOOK。上記ムックを買うときにおススメで出ていたのでついでに買った。
個人的には藤里一郎さんの写真を最初に押し出すのはいいけど、上記ムックと使いまわしかよってぐらい見栄えが変わらなくて、最初のインパクトがちょっと不満な感じだった。いや、藤里一郎さんの写真は自然光を活かした素肌系ポートレートで僕としては好みなのだが、今回は発売時期の近い2冊のムックで、どっちもエテルナ仕上げなのはどうかなと思った。LENS BOOKのこちらはプロビア仕上げで良かったんじゃないだろうかと思った。
個別のレンズカタログとしてはまあまあだけど、MTFは高周波と低周波を別のグラフに書くぐらいなら、開放とF5.6の別の絞りの数字まで出してほしかったなあと言う感じはあるかな。
どっちのレンズショーのコラムは月刊カメラマンからの転載かもしれないが、なかなか良かった。56mmF1.2のAPDありなしの描写とか、分かりやすい比較作例が出ているのはよい。
開発者インタビューがあるのも良し。開発者の人たちの好きなレンズがあがっているのも面白い。なんというか8-16100-400が人気だなあ、とか56mmF1.2APDなしの方が好まれているんだとかが興味深かった。
全体として、こちらのムックの方が好印象。今回紹介した二冊のどっちかを買うなら(もちろん両方買うのもアリなのだが)フジノン XF LENS BOOKをお勧めしたい。