スマホとタブレットの契約回線を【楽天モバイル】から【mineo(マイネオ)】に切り替えた

この10月-11月にかけて、持っていたMVNO回線を楽天モバイルからmineoに切り替えたので、その理由や経緯等を備忘的にメモ。

■楽天モバイルをやめた理由

以下、通信品質などは特にコメントしない。なぜなら、通信品質は所詮契約者と回線業者の設備整備のトレードオフだと思っているから。安くて通信速度の速い業者が仮にあっても、そこにユーザが集まって次第に遅くなっていき、結局一定の通信速度に漸近収束していくだろう(もちろん、回線業者には回線を良くする努力は怠らないでほしいが)と考えている。
ぶっちゃけ、楽天モバイルの最大の欠点は、楽天ブランド傘下なのに、その特典を活かせていないことである。

・アンケートを時々募集しているのに、アンケート回答者に楽天ポイント付与・割引率等の還元がない
楽天モバイルでは時々アンケートの依頼が来るのだが、アンケートに答えても楽天ポイントの付与などがない。docomoですら10ポイント、20ポイント程度の還元をしているのにせっかくの楽天ポイントを活用できないのは悲しい。他社なら自前のポイントサービスなどないだろうと思われるので、自前のポイントサービスを活用できそうなこういうアイデアは楽天の一番の強みだと思うのになぜやらないのだろう? 完全なボランティアでアンケート答える人少ないよ。しかもアンケート結構時間のかかる内容だったし、一方でコメント自由投稿欄などはない(せっかく、こういうアイデアを書き込もうと思ってもそう言うこと自体が出来ないのである)。

・会員限定で楽天ポイント割引サービス等あってもいいのでは?
MVNOはキャリア契約と違って(いや、これは大手キャリア側の縛りが異常なのだが)期間の縛りが少ない。音声契約が実質の1年縛り、データ契約にはそもそも縛りがない。ので、既存契約会員にも解約されない施策がもっと必要だと思うが、残念ながら何もなかった。『楽天モバイル会員様だけ、期間限定でポイント還元率アップ!』なんて割とやりやすい施策だと思うのだけどなぜやらないのだろう?
※実際には楽天モバイル:楽天モバイル加入でずーっとポイント2倍と言うサービスがあるのだが、併用できないようなので、楽天市場スマホアプリなどを活用してしまうと意味がないはず。

・料金プランが少ない
まあ、他者と比べて極端に少ないわけではないけど、「0GB(=200kbps通信のみ)か3.1GBか」と言うのは差が大きすぎと思った。せめて1.1GBプランぐらい用意してもよいのではないか。

・複数回線契約の恩恵がなかった
例えば、mineoでは複数回線を契約した場合、1回線あたり50円引きの施策と、同一契約者(ないし家族契約者)間での通信データ料の分けあいができるのが当然のようにできるが、どちらも楽天にはない。楽天の場合、同じ契約者が複数回線契約しても、単に複数の人が個別に契約している状態と変わらないのである。

■楽天モバイルで評価しておく内容

・楽天モバイルアプリ、楽天電話アプリ
楽天モバイルアプリは今月や直近3日間の通信料を確認したり、高速通信のON/OFFを切り替えしたり出来るアプリ。この手のアプリはたしかIIJmioが最初に始めたような記憶があるが、やはりちゃんと用意されているのは便利(なお、移転先のmineoもちゃんと同等のアプリあり)。ただ、僕の記憶では以前のVer.では過去の数か月間の転送量も見れたような気がするのだが、今はその機能はない。
楽天電話アプリは通話料を約半額にできるアプリ。通話する際にプレフィックス番号と言うのを電話番号の頭に付加して電話回線の経由地を変えて安く済ませるというタイプ。むかしゼロゼロワンダフルとかあったのと原理は同じである。今ではこれも複数業者がやっているし、そもそもこれは楽天モバイルに加入していなくても使える(ただし使う電話番号を事前に申告し契約する必要はある)のだが、同じ楽天グループ内でサービスがあるというのは気分がよかった。mineoはLaLaCallと言うIP電話(050番号の物)を付加サービスとしてやっているが、個人的にIP電話は好まないです。

・データ通信料繰り越し
前月使い切れなかったデータ通信料を翌月に繰り越すもの。まあ今時は必須ですね(mineoにもあります、しかもmineoの方が仕組みがもっと優秀です)。

■mineoの魅力

・エントリーパッケージ(エントリーコード)
普通、入会時には3000円程度の事務手数料がかかるが、mineoの場合amazon等でエントリーパッケージと言うものを売っており、これを活用すると約1600円の購入で入会事務手数料を無料にできる。つまり、税込み3240円を1600円に出来るということで、ひと手間は増えるがお得に出来る。

・プランが豊富
500MB、1GB、3GB、5GBとプランが豊富。また、これらの間の変更(mineoではコース変更と言う)は月単位での変更なものの、手数料は無料。
※auタイプ⇔docomoタイプ間の変更、音声対応SIM⇔データ専用SIM間の変更(mineoではタイプ変更と言う)は事務手数料がかかる。
・複数回線を持った時のサービスが豊富
乗換え理由ではこれが一番大きいかな。
複数回線(同一契約者、ないし家族契約者)を持つと、1回線あたり50円引きの複数回線割(家族割)がある(例えば2回線あると、50円x2=100円の割引になる!)。また、複数回線を持っていると、複数回線間で繰り越したパケット通信料をシェアすることができる(パケットシェア)。

■楽天モバイル→mineo変更への手続きにおける備忘メモ

・楽天モバイルを解約する電話は『0800-600-0000』。解約する際は20日までに電話しないと、その月の月末に解約扱いにならず、翌月の料金も取られるので注意。
また、解約の際には楽天モバイルのSIMを返却する必要がある。SIMの返送先は契約期間によって複数に分かれているので
楽天モバイル:注意事項
に記載の住所へ送付する必要がある。送付期間は解約後一か月以内らしい。
(例えば僕は10/25頃に解約の電話をしたので、契約終了が11月末日になり、SIM返却期限が12月末日になった。)

・mineoでデータ通信SIMと電話契約SIMの2件を同時に申し込んだのだが、なぜか電話契約SIMの方だけ一回はねられた。応募時の住所に、小字が紛れ込んでいたのが原因(現在、うちの住所は公式には昔の大字までしかなく、免許証もその記載なのだが、ネット上の応募で住所を自動入力してくれるところでは何故か小字を勝手に付加するところがあり、今回もそれで住所チェックエラーではねられた)。
でも2件同じものを入力してなぜ1件はねられたのだろう?電話契約の方がチェックが厳しいのか?

・上記等の理由で、電話SIMの方だけ発送が遅れてしまった。メールで見る限りでは10/27発送になっているはずなのだが自宅にSIMが届いたのが11/1と月をまたいでしまった。『ん? この場合、電話SIMの10月分の料金どうなるの?』と思ってmineoに問い合わせたら、以下のような回答が来た。

このたびはmineoサービスをお申し込みいただき、ありがとうございます。
mineoサポートダイヤルのメール担当、××××でございます。

ご心配をおかけし申し訳ございません。

現在多数のお申し込みをいただいており、
お申し込みいただいてから商品お届けまでは、
1週間から10日ほどお日にちをいただいております。
ご理解賜りますようお願い申し上げます。

また、mineoで料金が発生する時期については、
以下の通りでございます。
—————————————-
■MNP転入無しの場合
初回モバイルデータ通信でのパケットご利用日
商品出荷完了から10日後(自動)

■MNP転入有りの場合(Aプラン)
・MNP転入切替手続きの完了日
・MNP予約番号有効期限日の前日(自動)

■MNP転入有りの場合(Dプラン)
・初回モバイルデータ通信でのパケットご利用日
・商品出荷完了から10日後(自動)
—————————————-

なお、進捗状況の確認をなさる場合は、
下記窓口にてご本人様確認の上でご案内が可能です。

お手数をおかけいたしますが、ご契約者様より
ご連絡くださいますようお願いいたします。
—————————————-
■mineoサポートダイヤル
 受付時間 9:00~21:00(年中無休)
 ・0120-977-384
 (固定電話、携帯電話、PHSから)
 ・050-7102-8890
 (LaLa Call、他社IP電話から)
 ※一部他社IP電話からは通話料有料
—————————————-

お問い合わせいただき、ありがとうございました。
今後ともケイ・オプティコムをよろしくお願いいたします。

****************************************
■電話でのお問い合わせ(通話料無料)
 mineoサポートダイヤル
 受付時間 9:00~21:00(年中無休)
 ・0120-977-384
 (固定電話、携帯電話、PHSから)
 ・050-7102-8890
 (LaLa Call、他社IP電話から)
 ※一部他社IP電話からは通話料有料

電話番号をよくお確かめの上、お間違いのないようおかけください。
****************************************
[送信者名称]
株式会社ケイ・オプティコム
[送信者住所]
大阪府大阪市北区中之島3丁目3番23号 中之島ダイビル
[Copyright(c)]
K-Opticom Corporation. All Rights Reserved.

つまり、月の下旬に申し込み手続きを開始すれば、月内にSIMが届いていても無視しておいて、翌月月初におもむろにSIM開封して使い始めることにより、翌月月初から料金発生させる、と言う使い方が可能なようだ(月中旬以前に手続きを始めちゃうとSIM開封しなくても商品出荷完了10日規定に引っかかる可能性があるのでリスクありそう)。
と言うか、この話はとてもウマウマで、こんなことになった。↓

Screenshot_2015-11-02-17-25-10

11月から使い始めたのに、なんで『前月繰り越し容量』があるの? と思ってこれは電話で聞いたのだが、今回のようにSIM発送手続き開始とSIM使用開始が月をまたぐレアケースの場合、料金発生は11月からだけどデータ通信容量は10月分プレゼント、と言う処理が走ることがあるらしい(さらに今回キャンペーン中だったので1GBさらに増えて、今月は1GBプラン契約してるのに3GB使える!)。

僕はこれを知らずに先に届いたデータSIMの方は10月終盤から使い始めてしまった。一か月分の通信料ちょっと損したかなあと…(まあ数百円なんだけどね)。

・今回の解約、申込み等で両方の会社のサポートダイヤルに電話をする機会があったのだけど、どちらのサポートダイヤル担当者もちょっと受け答えが下手だった。バイトでも使ってるのかな…まあ知りたい内容は特に支障なく、手続きできたのでかまわないのだけどね。

Comment

  1. いつも眠い より:

    初めまして
    楽天モバイル使用での楽天市場のポイント+1倍は、アプリの+1倍とは別に加算されています
    ただ、楽天市場以外の楽天グループでは…メリットが無いから、どうかと思いますけど…

いつも眠い にコメントする コメントをキャンセル

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください