アニエラフェスタ集中コンテンツ アニエラフェスタ当日の模様(コスプレ編)

アニエラフェスタ2018、参加してきました。今回は当日の模様を写真多めで更新。

まずはコスプレの写真をたくさん。僕は写真撮影全般が趣味ではあるものの、人物撮影やコスプレ撮影に精通しているわけではないので、その辺は生暖かい目で評価を。
カメラ設定はアスティアの方がよかったかなあと思いつつ結局殆どベルビアで撮りきってしまった。のでレイヤーさんの肌の色は若干濃い目の発色かも。
レンズは結局一番手ごろなXC16-50で。MFのレンズも持っては行ったが、結局テンポよく撮影することを考えたらピント合わせがうっとおしいのでAFレンズにお任せすることになってしまった。背景が映りこんでも全然問題なしと感じたので別に大三元クラスのレンズを用意する必要はないんだなと感じた。それより暗めのレンズでピントに寛容になるメリットの方が大きいかなあと。
あとは(コスプレの話題からそれるが)無料ステージは出演者の撮影OKだったから、望遠ズームを持って行った方が役に立ちそうだった。

コスプレイベント開催そのものは、アニエラフェスタと共催のアコスタさんのもの。参加費は2000円。撮影専門なら別に払う必要はないのかも(レイヤーさんは更衣室やクローク使用の必要もあり、参加費必須)とは思ったが、イベント開催に敬意をはらって参加費を払ってステッカーをもらいました。ステッカーはシールになっていてバッグに貼っていたのだけど、夜の雨で残念ながら溶けてしまった…(その時間帯には既にコスプレ撮影はやる気がなかったのでかまわない)。
コスプレ撮影初心者なので、キャラが分からない人も多数。でもみなさん楽しそうでした。


一番最初に声をかけさせていただいたお二人。東方の方のは後ろの飾りまで凝っているなあと。もう一人の方はとても背が高く、脚がすらりとして綺麗でした。もう少し下からあおる様に撮影してあげた方が脚が強調されてよかったのかな。

怪盗キッドの方は秋弥(しゅーや)さん、園子の方は紗雫(さな)さんです。名刺とお菓子をいただきました。全体的にお菓子を持参されてる方は多くて、レイヤーさん同士がお知り合いで互いに見つけあう度に挨拶してお菓子交換して近況報告したりして楽しんでいらっしゃるようです。

こちらの方の衣装は名前を聞いたのだけど…スマホゲーのだったと思います。なにせアニメファンですけどゲームは一切しないので…
僕の写真はわりかし広角端で撮ることが多いようです。結果的に、あまり構図ぎりぎりに撮るとパースが強くなるので、すこし引き構図にすることが多いみたい。この辺は無意識でやっていた。この辺は会場にもよりけりだと思うのだけど、せっかくなので景色入った方が開放感出てよかったかなと思う。

血小板ちゃんは今の流行をしっかりおさえてますね。シンプルだけどモデルさんが美人でないと難しそうだなと思いました。似合ってますねと言ったら、「私は小柄なのでこういう衣装の方が得意なんですよ」とおっしゃってました。

ネタ系は楽しくていいですね。後ろに何かしら荷物があるので分かる通り、台詞はこのほかにも何種類かあるようです(この2つは前後ろのセットになっていて、1枚目撮影後くるっと布の向きを変えてくださって思わず笑ってしまいました)。

ガチの人。コンビと言うか専属の仲間のカメラマンさんとお二人で会場内でいろいろなポーズ撮影して楽しんでおられました。ポージングや身のこなし方も完全にプロな感じでした。わりかし小柄な方だったので、実は中の人は女性なんじゃないのかと僕はちょっと思ったりもしました…(プロなので一切しゃべらずにポージングやしぐさでお返事をされてました)。

少し時間をおいて夕方に行ってみたらスパイダーマンの人は衣装を変えて撮影していました。これってスパイダーマンのライバルだっけ? 真っ黒系の衣装なので、こっちはポージングして停止すると完全に銅像になってしまって(会場内はわりかし銅像がいっぱいある)同化してしまっていたのが笑えました。コスプレだと気付かずに横を通りかかり、急に動き出したのにびっくりしてガチで泣いている子供とかいてそれはそれで面白かったです。

この辺になるとなんのキャラか全然分からないな…僕はわりかし無頓着なので遠慮なく声掛けさせて写真撮らせてもらってる方かなあと思いますが、イベントで初対面の方に声を掛けるのってやっぱりちょっと恥ずかしいですよね。

綾波も定番ですよね…。とても似合ってらっしゃいました。ちょうどtwitterのタイムラインに流れてた直後だったので、タイムラインで見ましたとお声掛けさせていただきました。

初音ミクもこれまた定番ですね。エメラルドグリーン&ブルーの衣装は、公園の緑と相性がいいなあと思いました。

みなさん、お話&お菓子されてるところ撮影させていただきました。ちょっと強引だったかも。5人いらっしゃった気がしますが、おひとりお声掛けしきれなかった気がする…。ラブライブはなんとか分かるけど(でもラブライバーではない)、分からない衣装も…。特に4人目の方は、構図ミスで後ろのオブジェが串刺し位置になってしまったのは本当に申し訳ない。単独の方だったら掲載は見送っていました…。

その他、テニスコートではテニプリのコスプレで楽しんでいる方が、プールではFree!のコスプレで楽しんでいる方がいました。弓道場まで行けば間桐桜なんかいらっしゃったのでしょうか。
セイバーの人とかリゼロの人とかは衣装が分かったので声掛けさせていただければなあと思ったけどチャンス無く。

全体としてコスプレイベントに関する感想としては、コスプレイベントでカメコの存在って不要になりつつあるのかなあと感じました。昔は撮影されるレイヤーさんと撮影するカメコさんと言う構図なんだと漠然と思ってましたが、今やミラーレスなら瞳AFなんかもあるからピント合わせで悩むこともないですし、構図合わせなんかはむしろレイヤーさんの方が詳しそうだし、まあせいぜいレイヤーさんが撮影機材も持ち歩くのは荷物の負担が大きすぎるだろうなあって事とライティングに凝るのはカメコ専業の人の分野なのかなあと思いました(とはいえ、スタジオ撮りならともかく野外イベントでそこまでライティングに凝っても仕方ないのでは?と言うのが僕の勝手な意見)。そもそも、仲間同士でスマホ&自撮り棒で充分ですしね。

あとは、よくテレビなどで見るコミケなどの大規模イベントよりこういう地方なんかの小規模イベントの方が撮影はよほど楽しそうだなあと思いました。僕はレイヤーさんの周りにカメコが輪を作って囲んでるのはあんまり好きじゃない…。こういうのんびりした撮影の方を好みます。
レイヤーさんにとっても、プールやらテニスコートやら貸し切れるのはきっとメリット大きいでしょうしね。
また機会があったら参加してみたいなあと思いました。その時はせめて名刺ぐらいは用意した方がいいのだろうか…

アニエラフェスタ集中コンテンツ 佐久市近郊で楽しめるアニメコンテンツ情報

アニエラフェスタに来る人のために、佐久市の付近でのアニメ関連情報を少しまとめてみました。

あの夏で待ってる

まずはこのアニメを抜きにしては語れないだろう。舞台は佐久市のお隣、小諸市なのだけど近隣の佐久市や軽井沢町の景色も劇中に頻繁に登場しているので、聖地巡礼にはピッタリ。
聖地巡礼を無難にこなすにはあらかじめスマホに舞台めぐりアプリを入れておくといいと思う。
まずのオススメは、新幹線で来た方は利用することになるだろう、佐久平駅。表玄関側である蓼科口の景色は劇中で何度か使われているのでぜひ確認をオススメ。
また、「あの夏で待ってる浅間山ポジション乙女公園もオススメ。電車利用の方は乙女駅から歩いていくことになるが、車利用の方はぜひ耳取北信号側から聖地に訪れてほしい。集落の間の少し細い道を抜ける必要があるが、集落を出るとちょうど真っ直ぐに浅間山に向かう道が広がり、とてもきれいな景色だ。あまりに有名なので、僕は自分の撮影機材を新しく入手するととりあえずこのポジションで試し撮りをするのが恒例になっている。そこから乙女公園もすぐなので、池にかかっている桟橋など渡ってみてほしい。


あの夏で待ってる浅間山。残念ながら当日の天気予想が悪いので、浅間山は見れないかもしれない。


あの夏で待ってるのOPで有名なこの場所は、乙女公園内の桟橋です。

そこから先は小諸駅で、ということになるが小諸駅近辺は坂の街のため割合に土地が狭く、駐車場が少ない。特に無料駐車場は絶望的なので、せっかくなのでどこか小海線沿線駅で車を置いて、列車で小諸に行ってみることをオススメする。もちろん小海線は田舎のローカル列車なので本数も少なくうまく乗車タイミングを合わせる必要はあるけど、ちょっとした情緒も味わえるのでいいです。乙女駅のベンチは谷川柑菜ちゃんが座っていたことで有名なベンチだけど、あそこで途中下車してしまうと電車待ちが激しく時間がかかるのでそこはうまくアイデアを出してもらえればと思う。
なお、軽井沢の街なかも聖地がいくつもあるけど、軽井沢に車で乗り込むことはオススメしない。軽井沢は車の通り道が実質的に国道18号の1本しかなく、夏場は激しく渋滞するからだ。運が良ければなんの問題もなく通り抜けられるが、万が一渋滞にハマってしまうと完全に閉じ込められて抜け道がない。18号の北側に通称1000m道路と呼ばれる別荘地内を抜ける道が唯一の抜け道かと思うが、18号からそこへ抜けること自体が困難だったりする。

サマーウォーズ

佐久市のお隣のお隣ぐらいとちょっと離れますが、今回アニエラフェスタに参加される声優の真田アサミさんの出身地でもある上田地方が聖地のはず…だけど僕は詳しくないので、ご興味のある方はお調べください。

北斗の拳ラッピングバス

佐久市は、北斗の拳の原作者で有名な武論尊さんの出身地で、近年武論尊さんが出身地への恩返しということで、地元の子供を対象にした奨学金を設立したり、本格的な指導陣が多数訪れる漫画塾を開講したり、結構賑わっている。
そんな中、今年7月ぐらいから「北斗の拳ラッピングバス」の運行が始まり、ちょっとした名物になっている。車両は市内循環バスが2台、高速バスが1台あるらしいが、どれもラッピングされているキャラクターが違うはずなので市内で偶然目にかけることができたらラッキーです。
「北斗の拳」ラッピングバスお披露目イベントを開催します! | 佐久市ホームページ

新海誠

君の名は。で名を轟かせたアニメ監督、新海誠さんは実は南佐久郡小海町の生まれで、佐久市内の高校に通っていました(僕にとっては高校の先輩にあたるらしい。接点はないけど)。ので、映画君の名は。の中に登場する舞台は岐阜県などに聖地があるらしいけど、ちょっとした風景には佐久市内の景色のエッセンスが入っているのではないか、という噂を聞いたことがあります。
また、新海誠さんのお名前は芸名(本名は新津さん)なのだけど、「新海」というのは佐久地域にいくつかある「新海神社」からとったのでは、という話も聞いたことがあります。直接の由来となると南佐久郡南相木村にある新海神社の方になるのかなあと思うけど、それらの本社にあたるだろう新海三社神社が佐久市内、臼田地区にあるので時間に余裕があったら行っていたらどうでしょう。大きな杉の木が茂り、美しい三重塔がありますのでちょっとした散策にはおすすめです。


新海三社神社の写真、ちょうどいいのがなかった。

白井悠介さん

佐久市はアイドルマスター SideMなどでもご活躍の声優、白井悠介さんの出身地で、縁があり白井さんにご協力をしていただいているコンテンツがいくつかあります。
おススメは、駒場公園から徒歩圏内の佐久市考古遺物展示室。白井さんのナビゲート音声で展示コンテンツを楽しむことができます。ごくごく小規模な展示室で、おおよそ15分もあれば展示は堪能できるかと思いますので、気軽に行ってみてください。展示物としては先史時代~縄文~弥生時代の化石や土器、矢尻などになりますが長野県内で非常に有名な諏訪地域の縄文遺跡群(茅野の縄文のビーナス、仮面の女神の二大国宝土偶)が太平洋側に流れる天竜川文化圏なのに対し、分水嶺を分けた佐久の縄文・弥生文化は日本海に流れる信濃川(千曲川)文化圏であることなど知っているともしかしたら楽しめるかも…

佐久市考古遺物展示室

佐久市考古遺物展示室音声ガイド|佐久市

また、白井さんは佐久平駅~岩村田駅に近い佐久市こども未来館sakumoのプラネタリウムのナビゲーション音声も担当しています。南佐久郡川上村出身の宇宙飛行士、油井亀美也さんの活躍を描いたプラネタリウム番組を担当していますので、時間を調べて行ってみたらいかがでしょうか。

佐久市こども未来館sakumo

スロウスタート

アニメ「スロウスタート」は舞台が軽井沢町で、聖地があるらしいと聞いたことがあります。残念ながら僕はスロウスタートをまだ見ていないので詳しくありませんが、ご興味のある方は調べてみたらいかがでしょう。

スーパー ツルヤ

まあ、全然関係ないんですけどアニメ「長門有希ちゃんの消失」で旅行をするシーンがあり、そこで鶴屋さんちが経営してるスーパーとして登場していた気がします。
ツルヤは実在し、長野県内に複数支店があるスーパーです。生鮮食品の品質が高く、特に軽井沢支店は都内で紀伊国屋や丸正などの高級スーパーを利用されてる別荘マダムも納得の高品質の商品を陳列していると聞きます。
今回のアニエラフェスタの会場、駒場公園から割と近い場所にもツルヤ佐久中央店があります。去年ぐらいに移転新築したお店なので、まだ結構新しくて店内がきれいですちょっとしたお買い物、お土産品探しに利用してみてもいいかもしれません。

ツルヤ佐久中央店

咲-Saki-

アニメ咲-Saki-は長野県が舞台のアニメですが、残念ながら佐久市内に聖地はありません。諏訪方面になります。
が、作中に登場する初期の強キャラ兼解説者のカツ丼さんこと藤田靖子プロは佐久市のプロチーム在籍という設定になっているはずです。地元民的には、佐久市内から諏訪まで指導のために出掛けるとか結構遠くて無理があるよ、とかツッコミ入れたくなりますが。
藤田プロのカツ丼とはなんの関係もありませんが、佐久市西部、旧望月町(平成の大合併で佐久市に編入になりました)には「駒月の味噌カツ」と言う名物料理があります。望月地域でしか栽培されていない黒い大豆、「雁喰豆」を使って作った味噌をソースにしたとんかつになります。特別美味しいかと言われるとなんとも言えませんが、せっかくなのでちょっと物珍しい名物を、という方は食べに行ってみてはいかがでしょう。
なお、説明の通り望月地域は少し前まで近隣の市町村だったぐらい離れていますから、ちょっと足を伸ばそうと思っても車で20分ぐらいはかかります。


駒月の味噌カツのお店の一つ、ふじた食堂さんの味噌カツ丼。地元民の僕ですら望月まで足を伸ばすことはあまり多くないのですが、数年に一回は免許更新のために望月に行く必要があり、その時は毎回ふじた食堂さんに行くことにしています。

頭文字D

藤原文太さんの声優、石塚運昇さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
頭文字Dといえば群馬県内の舞台が多い作品でホームコースは榛名山から伊香保温泉に下る峠道ですが、作中で登場する碓氷峠(国道18号旧道、長野県-群馬県境)や妙義(佐久市内から内山峠を超えて群馬県に入ると、割とすぐです)などは比較的近場にあり、訪れることができます。安全運転で見に行っているのもいいかなあと思います。

ゆるキャン△(ハッピードリンクショップ)

ゆるキャン△の舞台は山梨県です。佐久市から行こうと思うと野辺山の峠を超えて先ですからかなり遠いです。また、ゆるキャン△の中で志摩リンが長野県内に遠征に来ますが、訪れているのは諏訪〜伊那地域ですのでこれまたちょっと遠いです。
が、一つだけ佐久市内にもゆるキャン△っぽいものがあります。それは「ハッピードリンクショップ」です。アニメ作中では「ラッキードリンクショップ」となっていましたが、謎の自販機設置チェーンで、あの文化が山梨のもので東信地方にも入ってきているということをゆるキャン△で僕も初めて知りました。
佐久市内にもハッピードリンクショップはそこら中にあります。単に複数の自動販売機が並んで立っているだけなんですが、一般的なジュースの定価よりも若干割安な価格で購入できる自販機ですので、冷やかしに見かけたらご利用してみたらいかがでしょうか。

以上、ほとんど無理やりなこじつけが並んでますが、せっかく佐久市まで訪れますのでアニメっぽいもの探し、是非してみてほしいです。

アニエラフェスタ集中コンテンツ 開催地の駒場公園について

なんでも、地元の佐久市駒場公園でアニエラフェスタと言うアニソンメインのコスプレや同人誌等ありのイベントがあるらしい。


駒場公園の創造館(多目的運動館)前にて記念写真。

せっかくなので、ちょっと参加してみようということでチケット購入してみた。
で、ついでにせっかくの地元民なので地元からわかりそうな情報を非公式にまとめてみることにした。

まず、開催場所の駒場公園について。佐久市内のほぼ真ん中にある結構大きな公園で、敷地内に佐久市立中央図書館佐久市近代美術館屋内/屋外プール屋外グラウンド(草野球・サッカー兼用)、弓道場テニスコートマレットゴルフ場、等がある。僕が子供の頃には既にこの公園はあったので、40年以上は経っていると思われる公園だけど、まあそこそこ丁寧に整備されているのであまり古臭くは感じないと思う。


駒場公園案内図。

駒場公園内の敷地内は比較的平らで、通路は舗装されていて歩きやすく銅像などの彫刻がそこかしこに飾られていてなんとなーくはアカデミックな雰囲気がなくもない。
また、ポケモンGoのポケストップ?の聖地で、なんでもレアなポケモンキャラが出るとかでポケモンGoのユーザがよく公園内を散歩していたりレアスポットにたむろしていたりする。


この方々はお散歩と言うよりはポケストップメインな方々です。みなさんスマホに夢中になりながら歩き回っています。公園内なので、スマホに夢中でも特に危なくはないのが良いところ。


こんな感じで銅像がホントに多いです。

植栽もそこそこあり、公園内で自由にコスプレ撮影などをするのはまあまあ捗るんだろうなあと思う。



ここはギリシャ劇場と言う名前のミニ屋外ステージ。アニエラフェスタ当日は無料のファントムエリアのステージになるらしい。


草野球の野球場とサッカーコートになっているこのグラウンドが当日のファントムエリア(入場無料)テンペストエリア(入場有料)


左手に見える白い建物が創造館。当日には更衣室・クローク・救護室などになるようです。


プール。当日はコスプレ撮影などもできるそうですが、一般客との折り合いはどうつけるのでしょうね。

その他、水分の補給はそこかしこにジュースやアイスの自動販売機があるので困らないと思う。コンビニは駒場公園の北西脇のすぐのところにセブンイレブンがあり、これも特に困らないだろう(公園内からコンビニまで歩こうと思ったら公園が広いこともあり意外に歩数はあるかとは思うが)。


セブンイレブンの駐車場もそこそこ広いのですが、ここにイベント用で駐車するのはやめましょう。あくまでお買い物の時だけです。

名称の「駒場」とは要するに馬を飼育していた場所につく地名だけど、おそらくここもかつては馬を飼育していた駒場があったのだと思う(佐久地方が馬の産地だったのは昔からの話で、例えば木曽の源義仲が京に攻めるときに遠回りをして一旦信濃の国を佐久の側に出たのは、騎馬兵のための馬の確保のためだったなどという話もあるらしい)。現在では、駒場公園の東隣の敷地が茨城牧場長野支場(かつては種馬所とか種畜牧場とも呼ばれていた)となっていて、主にヤギの品種改良などをやっているらしく、ヤギがのんびりしている姿を見に子供連れがちょいちょい散歩に来ている。


お隣の種畜牧場。桜の季節には花見の名所になる。


こんな感じでヤギがいるのでちょっと暇つぶしにお散歩に行くのにお勧めの場所。


駒場地区・種畜牧場から眺める浅間山もきれいですよ。


駒場地区は佐久市内でも珍しく用水の整備がないためか、水田がなく畑が広がっています。防風林も何か所かあり、なかなかフォトジェニックな風景をしています。僕は個人的に『信州のミニ富良野』と呼んでいます(そんなこと呼んでいるのは僕しかいない)。

その他、駐車場情報。駐車場は公園北側に駒場公園/図書館共同の割と広い第一駐車場があるが、こちらは当日は通常利用者用で、アニエラフェスタ参加の方は公園南西の第二駐車場をご利用くださいとなっている。こっちの駐車場は砂利の駐車場で、それなりに広くはあるけど当日お客さんがいっぱい来たら賄いきれるのかはちょっと心配。


アニエラフェスタののぼり旗の向こうにあるのが第一駐車場。100台単位で駐車できる結構広い駐車場ですが、公園内図書館利用者やプール利用者などで夏場は意外に混み合っています。アニエラフェスタ参加の人は停めることは避けた方がいいかと思いますが、ロータリーがあるので同乗者の昇降ぐらいはここでやっても問題ないでしょう。

駒場公園第二駐車場


砂利の第二駐車場が当日イベント参加者駐車用の駐車場。50台以上は停められると思いますが、駒場公園プールやテニスコートなどを利用する一般客の人もここを使いますので、当日は混み合う気がします。写真中央奥に進んでいくと駒場公園プールがほぼ正面。写真左側からの入り口は少々わかりにくいのですが、大通りのセブンイレブンげんこつ屋(ラーメン店)のある交差点を南側に曲がり(ほとんどの場合右折)、自動車学校の敷地の脇の細めの道を抜けて入ってきます。写真右側からの入り口はもっと分かりにくく、大通りから佐久市総合体育館駐車場に入り、そこから抜け道を抜けるようにしてたどり着きます。
なお、写真右側に少し歩くと佐久市総合体育館手前に佐久市考古遺物展示室があり、声優の白井悠介さんによる音声ガイドがありますので、ファンの方はちょっと足を伸ばしてもいいのかなあと思います。

佐久市考古遺物展示室

佐久市考古遺物展示室音声ガイド|佐久市

それから、公式にはアナウンスされていませんが代替駐車場を。駒場公園から通りを挟んで北側に、佐久市市民創錬センターと言う施設があり、ここの駐車場がかなり広いのでお勧めです。多分、今回利用しても特に苦情も出ないでしょう。通りのセブンイレブンの交差点から、公式駐車場である駒場公園第二駐車場と反対に北側のやや細い道を少し抜けた先にあります。

佐久市市民創錬センター


佐久市市民創錬センターの駐車場。多分200台単位で止められます。

また、種畜牧場の駐車場も利用可能かと思います。こちらはせいぜい20台弱しか止められないので運が良ければ、になってしまうと思うけど種畜牧場側から駒場公園への道は白樺並木になっていてちょっと綺麗なので歩いていて気分が盛り上がる気がする。

種畜牧場駐車場


種畜牧場駐車場。ここも砂利の駐車場です。

あとは佐久市総合体育館の駐車場になるかと思うけど、あそこはあまり台数が多くない気がするので省略。

近隣の食事処や撮影スポットなどはまた別途まとめようかと思う。

ELECOM Bluetooth キーボード TK-FBP100BK 簡単なレビュー

最近、職場で割と暇なのでXperia Z2 Tabletで電子書籍を読んだりして過ごしていた(会社のPCはイントラのみに繋がっていてインターネットには繋がっていない)がそれも飽きてきたので、会社でブログのアイデアでも書いちゃおうかと言うことにした(仕事に空きがあるだけでサボっているわけではないので、特に問題はない)。
が、さすがにタブレットのソフトウェアキーボードでは長い文章を書く気が起きないのでハードウェアキーボードを使ってみることにした。

購入の候補になったのは以下のキーボード。


まずはAnkerのキーボード。安くて出来はなかなかいいみたい。ただし、英語配列しかないので僕は購入検討外。

次にロジクールのK380。安くて無難な選択かと思う。評判を見ると、キートップが丸すぎて若干打ち心地が悪いらしいが、まあ値段からすればこんなもんなんだろう。


トラックポイント付きモバイルキーボードのBluetoothタイプ。結構いいお値段だが、僕の場合はメルマガ会員があるのでしょっちゅう周辺機器50%OFFとか55%OFFとかやっているのでおおよそ7000円台では購入できる。

あたりを検討候補としつつ、とりあえずさっさと入手したいのでK380あたりなら在庫あるんじゃないのかと思って近所の電気屋に行ったら、K380すら店頭になかったが、ELECOMのTK-FBP100と言うキーボードが売っていて、「まあ、これでいいか」と思って購入してきた。

ということで、この商品の簡単なレビューになる。

なお、セットで組み合わせるマウスは既にだいぶ昔に購入した(多分vaio typePとセットで買った)SONYのVGP-BMS33というものを使っている。別に新規でマウスを買っても良かったのだがどうせ余ってるしということで。このマウスは見た目はなかなかにスタイリッシュ、操作感触もクリックもスクロールもシッカリ感があって非常に良いマウス。割とひらべったいマウスなのだが、モバイル意識しすぎて平べったすぎるわけでもなく、通常用ほど背の高いわけでもない、まあある意味中途半端ではあるのだけど使いやすいマウスである。
欠点としては、戻るボタンのないシンプルな3ボタンマウスである、というところか。
マウスはAndroidに普通に認識されて、矢印ポイントが表示されて使うことができる。マウスの速度は【設定】【言語と入力】【ポインターの速度】で変更することができる。残念ながらスクロール速度の変更まではできないらしい。

また、Xperia Z2 Tabletを立てかけておくスタンドは、最初100均のものを使っていたが、プラスチックで何かの拍子にバキッといったのでもう少し良いものを、ということでAnkerのモバイルスタンドを購入して使っている。

このスタンドは金属製でかなりガッシリしており、重たいので常に携帯する用には向かないと思うが、会社の机の中に入れっぱなしで使うときなどはかなり便利。スタンドの角度は若干のぐらつきがあり完全無段階ではない気もするが、まあこれより頑丈な無段階変更の搭載は無理だろう。

ということで閑話休題。
キーボードの印象だが、キー配列が非常に素直なので使いやすい。あえて言えば右端の【-^¥ @[ :] \】のキーが幅狭になっているが、この程度で済んでいるのは良いほうだろう。矢印キーなどは押しやすいかどうかはともかく配列が素直な方が絶対に良いと思うので、この状態でいい。あえて望むならF1-F12キーが4つづつで区切りがあると最高だが、そんなのはThinkPadのキーボードでもレアだったりするのでこれでいいだろう。
Ctrlのキーがきちんと左下の端にあること、Fキーが変なマルチメディア機能優先ではなくファンクション本来の機能が優先であることなど、好む人は多いのではないだろうか。

キーの打ち心地は、こんなもんかと思う。非常に浅い打ち心地なので好まない人はいるかもしれない。キー打ち込みの浅さの割にキートップのグニョグニョ感もあるが、総じてまあ妥協はできるかなという感じである。キーボード打鍵音は基本的に静音。まあキーストロークがこれだけ浅い機種でうるさいっていうのも聞いたことはないが。

キーボード全体の剛性はこれまたこんなもんかと思う。ガッチガチに硬いわけではないが、頑丈にしすぎれば当然重くなるわけで、妥協点としては悪くないと思う。見た目をスタイリッシュかつ薄めに見せるためにキーボードは薄くしつつ、電池(単4電池)収納のためにキーの奥の方は下に少し膨らんでおり、わずかだがキートップに傾斜がつく構造になっている。このため、キーの中間あたりは裏側に空間があるわけだが、ここはスタイリッシュに見せるようにこんな空間にしてしまう必要もないかなあと思う。何かを挟み込めば剛性が上がり打ち心地が良くなりそうではある。僕の場合、職場でチョイとおいて作業するスペースにコピーレスマットが敷いてあるのでもともと剛性が極端に出ない環境なので、これでいいかなと思う。

サイズ感としては、十分コンパクト。Xperia Z2 Tabletより若干幅広にはなるが、違和感のあるほどの大きさの差があるわけでもないのでこれでいいと思う。10インチ前後のiPadあたりと一緒に組み合わせても、サイズ感が合わなくて不格好と言うほどにはならないと思う。

総じて満足度が高く、そこそこ長く使えそうな印象だ。

なお、Androidではキー配列がちゃんと認識されない場合は、【設定】【言語と入力】【物理キーボード】でキーボードのレイアウトの選択から【日本語109A】にしておくといい。ほとんどのキーは違和感なく使えると思うし、Ctrl+Z/X/C/VAlt+Tab(アプリの切り替え)などのショートカットキーも有効に機能する。あえて言えば、日本語入力⇔英語入力の切り替えは半角/全角で当然できるのだが、他のキーに変更できるとありがたい(僕は変換キーにIMEのON/OFFを設定しているせいで無意識にここを押してしまう。まあ自分が悪いのだが。AndroidとしてはCtrl+Shiftなど他のキーでも切り替えができる柔軟な設定になっているらしい)。


作業環境はこんな感じ。さすがに職場で写真を撮るわけにも行かないので、自宅で再現。なお、実際にはタブレット端末は縦置きにしてダラダラーっと使っている。

※なお、このエントリは全部上記環境で書いた後、画像の挿入やタグの挿入のみPCで行った。Android端末ではマウスでドラッグしても範囲選択ができないので、タグの挿入ができないのだ(ダブルクリックで範囲選択できる場合があるが、ブログの草稿のtextarea内ではそれも不可能っぽい)。これだけ物書きできれば、まあ充分かなあと思う。
※調べた結果、まずマウスでコピー選択開始位置に一回クリックしたあと、キーボードのShiftキーを押しながら選択終了位置をクリックすることで範囲選択できた。っていうかキーボードのカーソル操作も効くので、タブレット端末だけで編集を完結させることも特に問題はないっぽい。

以下、追記。
なお、こんな使い方をする場合、タブレット端末としてiPad系を使うのは一見良いように見えて欠点がある。iOSはマウスが利用できないのだ。代わりにスタイラスペンが高性能なので、タッチパネルやスタイラス重視で手書きが多いのならiPad系を、PCライクなスタイルでいちいちマウスに手を伸ばさずダラダラやるのならAndroid系を使うのが良さそうだ。

また、Android系でもマウスの機能は結構制限がある。マウスは左クリックでも右クリックでもスクロール中クリックでも機能に変わりがない。昔のMac端末を彷彿とさせる感じ。ただ、マウスのシングルクリックとクリック長押しで別の機能が割当されているケースがほとんどなので、そこは使い分けると良い。手元でよく使うアプリだと、Firefoxではクリック長押しでリンク先の開き方のポップアップが表示され、別タブで開くことが容易だし、楽天マガジンアプリだと長押しすることで雑誌詳細を飛び越えて直接雑誌を開くことができる。

その他、マウスのスクロール機能の対応にも幾つか差異がある。Yahoo!ニュースアプリなどはスクロール機能非対応でマウスでチマチマとドラッグしないと上下が動かないので、タッチパネル操作したほうが手っ取り早い。一方で、Twidere、Pocket、Firefox、楽天マガジンなどはスクロールに対応していて、PCでマウス操作しているのとほぼ似たりよったりの操作になる(Twidereのみ、スクロールアップしていくと新しいTweetが見れる普通のTwitterライクな設定になっている分、新しい書き込みを見る操作がスクロールの逆回しになるのは欠点ではある)。

また、今回の環境では基本的にマウスはスリープモードに入ることがないようで、放置しておいても支障はない(むしろ、画面オフにしていてもマウスに触ると画面復帰してしまうのは邪魔くさかったりはする)。一方で、キーボードの方は一定時間操作しないとスリープ状態になるようだ。この時、アプリによってはXperia系のスタンドに装着したときのようなリセットがかかるらしく、Firefoxなどでは特に問題はないのだが、楽天マガジンではキーボードがスリープに入ったり復帰したりするタイミングで雑誌のページ送りがリセットされて先頭に戻ってしまう。楽天マガジンアプリでページ送りをキーボードのカーソルキーなどでできれば便利なのだが、そういう機能はなく楽天マガジン利用時はキーボードは完全に遊んでいる状態なので、楽天マガジンを使う前にキーボードはこまめに電源をOFFにするのが好ましいかと思う。

Synology DS418jのHDDを交換してみた

昨年の秋に購入した自宅用のNAS、SynologyDS418jだが、ディスク容量がそろそろ不足してきたので1つのHDDを差し替えた。
のでその過程を備忘メモ。

昨年の秋に購入した時点で、HDDはWD Red 6TB(WD60EFRX)を1本買い、残りは既に手持ちだったWD Red 3TB(WD30EFRX)を2本、一時的用にWD Green 3TBを1本差しての4本で9TBと言う仕様でSHRで利用していた。これだと未使用領域が出てしまったりで結構無駄だったりはするのだが、ゆくゆくはWD Green 3TBWD Red 6TBに差し替えて12TBにして使おうと言う目算。

で、半年ほど使っていたのだが、ここ最近、残り容量が1.2TB(残り15%)を切るようになってからNASの再起動やOSアップデートの際などに容量低下を案内するメールが届くようになっていたので、いよいよと思い差し替えを実行した。
実行にあたっての手順は大まかには以下の通り。
・まず交換するHDDを調達。
・HDDを交換するためにNASの電源を切る前に、差し替えるHDDが何番目に差さっているか確認する。DS418JのWeb OS画面をだし、【ストレージマネージャ】から【HDD/SSD】のメニューの中に今入っているHDDの場所が確認できる。
・確認が終わったら、NASの電源を切る。電源を切る前に、【HDDを交換】的なメニュー操作をする場所はない。単純に1台のHDDが壊れ、修復するのと同等の処理をするだけになる。
・DS418jを分解し、HDDを交換する。なお、HDDの交換をするのは一度に1本だけにする(複数HDDをいきなり交換してはいけない)。HDD交換時に順番を並び替えて容量の大きい順に、とかなんとなくやりたくなるがたぶんそう言う位置移動も避けた方がいい(位置は移動しても復旧できる可能性はある)。また、交換する前のHDDはどれを交換してもいい(通常は一番容量の小さいHDDを差し替えると思うが、別に一番容量の大きいHDDを差し替えても支障ない)が、交換した後のHDDは既に利用しているHDDの個々の容量の中で一番大きいものか、それより大きい容量にそろえる必要があるはず。
・HDDの差し替えが終わったら、NASを組み立てて電源を入れる。NASからは、アラートのためのビープ音が出ている。HDDが1つ故障し、劣化モードに入ったと認識されているため。事前に設定を変更しておくことでビープ音は出ないようにも出来るが、修復処理が走り始めればビープ音は止まるので我慢した方がいいと僕は思う。
【ストレージマネージャ】から【ストレージプール】の画面に入り、上の【操作】から【修復】を実行する(この辺のメニューは時々場所が変わっているようだ)。あとはのんびりと修復作業が始まるので待つ。修復作業中はNASにデータ突っ込んだりするのは一応避けた方がいいだろう。
うちの場合、3TB→6TBのHDD差し替えで修復作業は約10時間かかった。概ね半日はかかるものと覚悟しておいた方がいい。うちは夜中寝ている間に作業をさせておいたが、HDDのアクセス音がカリカリうるさい、と言うほどの事は特になかった(6TBまでのWDのHDDはもともと静かなのだけど)。

HDD交換用の事前メニューがないと言うのが分からなくて、最初少し悩んでしまったが作業は思ったより簡単だった。